【’20/5/19】新型コロナ・夏に第二波にそなえる丨待機期間が変わる?丨検察庁法改正案関連

2日で出てきたルッコラの芽。卵の殻をくだいて肥料にするといいですよ!

zuenmeiです。一昨日撒いたルッコラの種から芽が出ていました!ルッコラってゴマの香りがするハーブなんですよ!サラダに混ぜて食べるの好きです。

コロナでSTAY HOME だったので、ひさびさに土を買い、種を植えてみたのですが、重い土の袋を持つと運動不足がたたって腰が激痛!でした。

数ヶ月運動しないだけで、こんなにも腰が弱るのかと思い知らされましたね。そこで今日はYouTubeでZUMBAをやってみましたが、10分で息が上がりました ^^;

しかし、すぐにルッコラの芽が出てくれたのでなんだか救われた感じですね!このまますくすくと育ってほしいです。

さて、検察庁法改正案の一時撤回から一晩たち、つかの間の安堵の空気が流れていますね。

コロナ関連でも新しい情報がありますので、ご紹介します!

新型コロナ・夏に第二波にそなえる

ここ数日、新型コロナの感染者数、陽性率ともに少なくなってきて、デパート、商店なども「再開」するところも出てきました。

これで収束?と思いきやそうもいかず、夏場は新型コロナウィルスは紫外線を嫌うため、一旦は収まりますが、必ず第二波、第三波がくると言われています。

しかも冬にはコロナの第二波と同時に新型インフルエンザ、はしかも同時に流行するおそれもあることから、新型インフルエンザの予防注射は必ず受けるようにしたほうがよさそうです。

それというのも、新型コロナと新型インフルエンザの初期症状はよく似ているため、新型インフルエンザの予防注射をしていれば、もし罹患した場合、区別をすることができて処置しやすいからだそうです。

私も正直言いますと、毎年新型インフルエンザの予防注射はパスしていたのですが、今年は必ず受けようと思います!

新型コロナ・待機期間が変わる?

これまで、新型コロナ感染が疑われる人は「2週間隔離」が常識でした。

しかし最近の台湾の研究によると、発症6日以降の1次感染者と接触しても感染した人がいないことがわかりました。

そのため、新型コロナウィルスは、発症から1週間で感染力を失うため、「2週間隔離」疑問視する声も出てきました。

こうなるとコロナで入院して回復し、退院の目安も変わってくるかも知れませんね。そうなるとより社会復帰が早くなります。

検察庁法改正案関連ツイート

いま一番ノリノリの芸人さんが発言することで、若い人にも伝わっていくのはいい傾向ですね!

シンゾーの(二階代弁)「民意を得られないで採決することはできない」っていうしれっとした発言もナメてるなと思いました。

どんだけ上から目線なんだよ!!

歴史的なTwitterムーブメントでしたね。でもコロナ同様「第2波」には気をつけましょう!

政治をよくわかっている市民、って果たしてどのくらいいるのでしょうか?おそらく1割、2割程度ではないかと思います。

今回の場合はそれ以外の人も黙っていられないほどの影響力があったのだから、これを機会に政治に少しでも関心を持つ人が増えればOK!と言えるのではないでしょうか?

そう、不要不急ではないのに採決されようとしている法案は「検察庁法改正案」だけではありません。スーパシティー、種苗法、年金70才引き上げなどいろいろ。どの法案から「火事場泥棒」するかわかりませんw

日曜日昼のニュースでは菅官房長官が「見送りはなし」と会見していたそうです。油断は大敵!やはり「いったん引き下がる」戦略のようです。

そうそう、死んだふり!狸寝入りとも言う?!

Twitterで政治が動いた!はじめての感動でした。

今日TVで内閣支持率が33%というのを見て「まだそんなにいるのか?」と思っていましたが、ぜんぜん違う結果が出ているのですね。これこそ納得!

「見送り」では危険。「廃案」でないと!

Twitterのハッシュタグさえも操作する何者かの存在。それが誰とは言わないが、たぶんあの人w 

#与野党越えて検察庁法改正を止めよう は志位さんのタグだったのですね。 

日本人を見ると「日本の歴代首相を言ってみせる」バリ島男子に「安倍さんはお腹壊して総理大臣辞めたねー」って言われてました。

今度はどう言われるのか?

そうそう、口がいがんでいるのが特徴ですね。首相は昨日、マスクがいがんでましたw

単純に考えて「自分が逮捕されそうだから、チャラにしてくれそうな人を置いておく」って情けない行動ですね。なら、逮捕されそうなことをしなきゃいいのに。

当たり前のことがもうわからなくなってるんですね!安倍晋三。

3年前でもうこんな態度だったのか。すでに立派な悪党でしたね。降板したとはいえ、村尾キャスターもよくやった!

新型コロナ関連ツイート

新型コロナは空気感染ではないと言われてきましたが、せき、くしゃみなどのエアロゾルはマスクよりずっと粒子が小さくてそのうえ空気中をかなりの時間漂い続けるそうです。

よって空気感染と同じような状態になるようです。やはり三密になるようなところに行かない、マスクは必ずつけるは必須ですね。

2003年、SARSが蔓延していた香港。SARSもコロナウィルスの一種ですが、SARSから回復した患者の抗体が新型コロナにも有効だとは!何事も万が一の可能性を試してみないとわからないのですね。

ノーベル賞受賞者、北里大学吉村教授の発明したイベルメクチンは現在、承認待ちのようですが、土壌の微生物から分離した物質から出来ているんですね!

「土壌の微生物から出来た物質」を野良猫たちが運んできてくれることを考えると、微笑ましいですね!

次々と新型コロナに効きそうな薬が明らかになっていきます。ワクチンができるまでをつなぎます。

現在の「閉じこもり戦略」は100年前のスペイン風邪の時と同じだそう(笑)。これだと経済はいつまで経っても回復しないので、大規模な検査をして、陰性の人から経済活動に復帰するべきという意見が出ていました。

必ずしも一斉自粛の時期は過ぎたと言えますね。

インドネシアにもワヤン・クリッという影絵がありますが、カンボジアにもあるのですね。7世紀からの伝統が途絶えるのは聞くに堪えないですが、きっと保存会みたいな人が表れて復活するのではないでしょうか?

伝統はそうやすやすと絶えるものではないと思います。

一度、タイ航空でバンコク経由でロンドンに行ったことがある私です。きれいな生の蘭の花のブローチをもらったのが印象的でした。

昨今のLCCの台頭で経営が苦しいのは知っていましたが、経営破綻とは悲しいです。

その他のツイート

シベリアのPOPがプーチンとは!笑えますね。プーチンさんて、筋トレマニアだし、肉体美カレンダーなども出していて、なんだか親しみがあります。

リモートワークだといつもはジムに行っている時間もガシガシ仕事してしまう時もあります。その結果、知らないうちに頭の皮がカチカチに!

頭皮をほぐすのは重要!特に炭酸系のシャンプーはシュワシュワいいですよ!頭につけてしばらくマッサージするのがおすすめです。

まとめ

早いものでもう5月も後半となりました。美しい緑の季節も過ぎ、初夏、そして梅雨へと移行しようとしています。

皆さんもリモートワークも板についてきた頃ではないでしょうか?よりリモートワークが快適になるお力になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA