【’20/4/28】PCR検査が増えない理由を提示せよ!丨なんで?アビガンより前にレムデシビル承認!?

zuenmeiです!こんにちは。気温がだいぶ、あったかくなってきましたね。

お花も咲き乱れていて、街路樹のハナミズキがとてもきれいに咲いているのに気づきました。ハナミズキって今頃咲くんですね。

さて、STAY HOME WEEKも4日目となり、皆さんどこかにでかけているのでしょうか?スーパーなどもそれほど混んでいませんでした。公園にも子供がいないし。

折しも沖縄行きは6万人分の飛行機の予約が入っているようですが、果たして大丈夫でしょうか?デニー知事がステキな紅型のマスク姿「今は沖縄に来ないで!」と訴えていました。

PCR検査はなぜ増えない?!国はその理由を提示せよ!

さて、本日のコメンテーター陣はレギュラーの玉川さんに加えて火曜レギュラーの青木さん、 菅野さん 、そして多摩大学大学院の田坂氏がリモートで参加。

特に青木さん、田坂氏は玉川さん以上に辛口コメントが光っていると評判のコメンテーターです。

玉川さんの後ろの植木に挿してあるミニチュアが毎日さり気なく変わっているのを、私は見逃しませんでした(笑)今日はちょっとコミカルな人形でした。

さて、緊急事態宣言の1日前に安倍首相が「PCR検査を1日2万件にする」と宣言して20日ほどが経とうとしているのに、1日にできる検査はその数に程遠い結果となりました。

その間に、検査を受けるまでの4日間の待機中に岡江久美子さんの死亡もあり、日本中に衝撃が走りました。

「PCR検査もすぐには受けさせてもらえない上に、4日間の待機中に容態が急変する」

という事実に国民はいまや恐れおののいています!

特に「4日間待機」の件で、政府と専門家会議の意見が食い違っているのが気になります。

政府は当初、保健所のキャパシティーを考えて、あまりPCR検査を増やしたくないと言っておりましたが、最近の市中感染の多さをうけて、PCRセンターを作ったりと、いくらか柔軟な考え方になってきたようです。

しかし、今だに保健所の電話が繋がらない、PCR検査をなかなか受けることが出来ない、病床が空いていないから4日間待機と言われた、という現実は変わっていません。

多摩大学大学院の田坂教授は、「なぜPCR検査が増えないのか、それはどこに問題があって、どう解決するのか?を首相が答える義務がある」と大変強い口調で言われました。

また、専門家会議の議事録も開示すべきとの見解も述べられました。

それを受けて、他のコメンテーターも・・

岡田先生
岡田先生

(妖精のような声で)PCR検査をどんどんやっていかなくてはならないというのは、2月から私が言ってきたこと

そうです!PCR検査を1日2万件にするというのは口だけなのか?!

玊ちゃん
玊ちゃん

と、もう我慢を通り越して呆れた様子です。

さらに火曜コメンテーターの青木さんも

「これは政府の義務です。国民のことを考えているのなら、PCR検査がなぜ、増えないのか?きちっと解答してほしい!」と大変お怒りの様子。

皆、真剣で国民の代弁者として頑張ってくれていたのでした。私達がいくらTwitterでがんばってツイートしたところで、弱小一市民でしかない。一向に増えない、PCR検査対して顔を真っ赤にして訴えてくれるコメンテーターたちは、とても頼もしく思えたのでした。

繋がらない保健所への電話に加えて、4日間待機問題、政府と専門家会議の意見の食い違いなど、国民の中でも、政府のコロナ対策を見てきている人は

このままでは政府に殺される!

と思っていると思います。現に自宅待機中に命を落として、死後に検査したらコロナだった人もたくさんいるではないですか?!このままのやり方で、もっとどんどん感染者が増えていったら、あすは我が身なのは目に見えています。

PCR検査に変わる検査?抗原検査

現在のところ、コロナにかかっているかどうかを検査するのにはPCR検査、抗体検査、そして抗原検査があります。

PCR検査はコロナウィルスが体内にあるかどうかを検査するもので、抗体検査はコロナにかかっているか、あるいはかかってすでに治ったかを検査することができます。

そして抗原検査は、コロナウィルスのタンパク質に反応する検査で、PCR検査よりも精度は低いのですが、ものの10分ほどで検査ができ、その場で結果がわかります。

ですから大変手間や時間がかかって、いっこうに進まないPCR検査にとってかわる検査として今、注目されています。

アビガンより前に?!インフル薬・レムデシビル5月中承認か?

コロナによく効く薬といえば「アビガン」という薬があるのはもうすっかり有名になりましたが、このアビガンは中国でしか承認が取れておらず、現在のところは日本では治験でしか使われていません。

映画監督の宮藤官九郎さんや黒沢かずこさんがこの薬を飲んで回復したのは有名ですよね。

しかし、この薬ではなくて、同じくコロナに効くとされているレムデシビルのほうが早く、早ければ5月中に日本で承認されそうだというのです。

本来ならば、薬として発売するまでには1年以上かかるのですが、この薬はアメリカやカナダなど欧米で承認が済んでいる薬なので、日本でも承認されやすいと言われてます。

ただ、この薬はアビガンが錠剤なのに対して、点滴薬なのです。これでは入院患者しか使えません。

それに重症患者に対して使うと言われているんです。

「アビガン」を軽症のうちに使うと効くと言われて久しいことから、てっきりアビガンの方が早く日本で承認されると思っていました。

玊ちゃん
玊ちゃん

これは心外だったね。アビガンの方が効果もあるのに、どうしてなのかな?

玉川さんも腑に落ちない感じで首を傾げていました。

確かにアビガンは軽症のうちに飲むとよく効くと言われていても、中国でしか承認が取れていないこと、妊婦や男性の生殖機能にも副作用を及ぼすことを思うと、そう簡単に承認されないのかも知れません。

でも副作用の点で言えば、レムデシビルも4分の1くらいの人に重い腎機能障害が起こるし、下手をすると死ぬこともあるそう。それに点滴薬だから医療従事者の負担もあるし。

ただ、コロナのワクチンがまだ出来ない以上、効き目があることがわかっているのであれば、錠剤で軽症のうちに飲めばよく効くアビガンのほうが使えるようになってもらいたいと思うのは当然でしょう。

なぜアビガンをおさえてレムデシビルが先なのかは、また利権?と考えずにいられないです。

新型コロナ関連・Twitter 今日の反応

国民の70%以上が「拒否」だったのに、なぜか送られてきてしまった「アベノマスク」。出るべくして出てきた「回収ポスト」w

壮絶!コロナ体験記・コロナにかかるとこんなに恐ろしい!

コロナの病床で綴られた、「コロナ体験記」。ライブ感ありすぎ。コロナってこんなに恐ろしい。絶対かからないようにしましょう。

こちらはダイヤモンド・プリンセス乗客でご夫婦でコロナに罹患された奥様のインタビューです。旦那様は1ヶ月半後に帰らぬ人となってしまいました。

闘病の様子から、最後のお見送りの様子まで生々しいです。これは、テレビでは絶対語られることがないでしょう。

PCR検査の犠牲者はやはり発表されているだけではないようです。いったい、厚労省の愚策のせいで何人の方が亡くなっているのか?PCR検査が増えないわけは、早急にあきらかにすべきです!

なんだか心が浄化されそうです。与えてもらうだけでなく、「なんでコロナが起こったか」(環境破壊で動物が街に降りてきた)をもう一度考えてみたくなります。



人混みをさける、家にいることが思いやりのある行動なのですね!この時期、レジャーに出かけるのはエゴなのではないでしょうか?

ベールに包まれていたアベノマスクの4社目の発注先は福島市の「ユースビオ」という会社らしい。

人が死んでる時に、証拠隠滅って、ほんと何やってるんだよ!!そんなことで時間を取るなら、PCR検査がなぜ進まないかを早く教えてほしい!

小さな島だからこそ、コロナが蔓延したら取り返しがつかなくなる・・・。

なにもしらない人だと、27日(月)の感染者数が37人だったのを「あっ、もうコロナ収まってきてるじゃん!」と遊びにでかけてしまうかも知れない。

外出自粛をやめるとまた第二波がくるのは札幌市などで検証済のはず!!コロナの第二波、第三波は必ずやってきて、そのたびに小さくなっていって収束する。そうです。

注目のピアニスト、清塚さんです!

なんとあのリポDがオンラインアカデミーを開講!ファイト、イッパーツ!!(って言わないよね今は)

https://twitter.com/satoyan1208/status/1254404534274650112?s=21

N95 マスクはその後、医療現場に届いているのか?命を張った現場に、特別手当を出してあげるのは当然!

香港の4つ星ホテルが1泊500HKD(約7,000円)はそそられますなあ。いつになったら行けるのやら。

れにしても新型コロナワクチンも早い!

日本、中華圏でも笑われてますよ。
「顢頇(まんかん)」 ってカッコいい漢字なのに、「マヌケ」の意味なのかー。

おお!ドンキではもうマスクを売っている!!それまでマスクを売りそうもない、アパレルや飲食店で販売するのに買い占めていたからドラッグストアに入ってこなかったんだよね。

https://twitter.com/hrbekcc7vvkpvop/status/1254726060437979138?s=21

レムデシビル5月承認か?のニュースをうけてのツイートです。どうみてもやはりアビガンがいいよね。

どうしてアビガンのように錠剤でなくて、点滴薬のレムデシビルが先に承認されるのだろう。利権か?

初期に飲んだほうが効くアビガンよりも、レムデシビルは重症でも効くそうだが、4分の1に急性腎機能障害となると副作用が心配。

レムデシビルの臨床試験が打ち切られたのは、副作用が第一理由ではなく、被験者数が少なかったからなのですね。もっと大規模に試験をやる計画もあるようです。

まとめ

コロナウィルスに効くとされる錠剤アビガンよりも先に、同じコロナに効くレムデシビルが日本で5月にも承認されるという衝撃的なニュースが入ってきました。

中国での治験が打ち切られたのは副作用が直接の原因ではなく、被験者数が少なかったからのようですね。それにしても副作用もアビガン以上にあるようで気になります。

それとあと、「PCR検査はなぜ増えないか?」ですね。どんどん市中感染が広がっているので、一刻の猶予もないはずで、1日2万件に増えるはずなのに、まったく増えていない。

首相はなぜPCR検査が増えないか?何が原因なのか?どう対処するのかを即刻公表すべきです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA