【2020年2月20日更新】クルーズ船感染者2名死亡!岩田医師が昨日の動画を削除

  • とうとう恐れていたことが起きてしまいました。20日、クルーズ船内でコロナウイルスに感染したと見られ、すでに入院されていた横浜市と東京都に住む80代の男性1人、女性1人が亡くなったという知らせがありました。重症の患者さんはいたことは知っていたけれど、まさかそれほどまで重症化していたとは!2人がお亡くなりになったことで、またダイヤモンド・プリンセス船内での感染事件は新たな局面を迎えそうです。
  • また、昨日、ダイヤモンド・プリンセス船内での様子を「レッドゾーン、ブルーゾーンが区別できておらず、ぐちゃぐちゃ」などとYouTubeで暴露された岩田医師がなんと動画を削除されました。他の厚生労働省関係の医師の反論をうけてのことだったようですが、やはり権力に負けてしまった感があります。非常に残念なことです。
  • また昨日に引き続き、香港やオーストラリアの乗客を迎えに、各国政府からチャーター機が羽田を飛び立ちました。

今日のTwitterの反応

私も厚生労働省系医師の説明は読みました。いろいろ反論されていますが、あまり本当だとは思えません。

以前に他のツイートで、感染者の部屋で通訳をした人が防護服がないといったら「1m離れていたら大丈夫だから」と言われたとか、防護服と背広の人が混ざって歩いていたなどのツイートがあったので、船内の様子がだいたいわかります。

レッドゾーン、ブルーゾーンがきっちり分けられていた、というのもおそらく嘘ではないかと・・・。

日本はそのまま寿司やに直行、は極端にしても他の国が帰国後14日間は隔離なのに、なぜ日本だけ公共交通機関を使っていいのか?理解に苦しみます。

私も拡散しましたが、安易な拡散をすべきでなかったとは思いません!岩田さんの勇気ある行動を評価したいと思います。

ある意味動画は、国民の注意喚起ができればそれでよかったのかも知れません。厚生労働省のやっていることは必ずしも正解でないということを1人でも多く感じて貰えれば・・・。

エピカーブは作成されていたようですね。でもそれを誰も認識できるようにしてなかったのは問題です。

下船されたご本人たちも「本当に大丈夫?」と困惑されている様子がスポーツ紙の大きな見出しになっていました。

まとめ

このブログはいいことは赤字で、悪いことは青字で書くようにしています。このところ、青字ばかりが目立って悲しいです。

早く赤字で溢れますように!

そして下船された皆さんが何事もないように祈ります。