【2020年2月9日更新】リピーターが考察!横浜・大黒ふ頭に戻ってきたダイヤモンド・プリンセス。新たに6人の感染が判明!

昨日まではブラスト水の補給や真水の精製のために、千葉県房総半島沖でクルーズしていたダイヤモンド・プリンセスですが、今朝、9時前にはまた横浜・大黒ふ頭に戻ってきました。

本日、あらたに6人のコロナウイルス感染が判明してしまいました。

昨日の記事はこちら

【2020年2月8日更新】本日のダイヤモンド・プリンセス:新たに感染者3人。プリンセスクルーズの社長来日

香港寄港の後で体調不良を訴える人が多数出た

船内の乗客の証言によると、香港に寄港したあとのクルーズ5日目あたりから体調が悪いからかマスクをしている人が増え、那覇港につく頃にはさらにマスクをしている人が増えたそうです。

那覇国際通り
沖縄に到着した頃にはすでに船内にはコロナウイルスが蔓延していたか。。

 

那覇港で下船をして歩いて10分ほどで国際通りに出ますが、ここを歩いている人の中にはひょっとしたら感染していた人がいたかもしれないとのことです。そうすると国際通りの店舗の方も心配です。

また、船内ではインフルエンザも出てきているそうです。心労も免疫力が下がりますからね。

香港から80代男性が下船と同時に乗船も/船内では通常イベント

ダイヤモンドプリンセスZUMBAを楽しむ
船内では通常イベントが行われていた・・・。

香港で下船した80代男性がコロナウイルスに感染していたことが判明しましたが、他にも香港から乗ってきた乗客がいました。その人たちが感染していたかどうかは定かではないのですが、香港寄港の後、体調不良の乗客が増えたのは確かです。

しかし船内ではその頃でも船内新聞の通りイベントが行われていました。大勢が一箇所に集まって歌を歌ったり、麻雀をしたり、ダンスを踊っていました。

それに船内には「手すり」が多く、多くの人がそれに捕まっていました。意識せずつかまった手すりをつかんだ手で口や鼻の粘膜を触ったら・・・いとも簡単にウイルスは体内に入ってしまうのです。

感染経路でいちばんヤバいのは「ビュッフェ」

ダイヤモンドプリンセス
ビュッフェのトングがいちばんヤバいらしい。。。

 

テレビニュースでは、ダイヤモンド・プリンセスのどこで感染が拡大したのかを検証していましたが、いちばん危ないのは「ビュッフェ」だそうです。

私も大好きなビュッフェ「ホライズン・コート」いちばんの感染源と指摘され、とても悲しい気分になりました。

中でも料理をつかむ「トング」がヤバいんだそう。トングをつかんだ手で鼻や口をさわるとウィルスが入り込んでしまうんだそうです。

こんな時に、2017年にはあった手指用の「消毒ジェル」があったら、また違った結果になっていたのかも知れませんね。

また、乗客の証言によると、ホライズン・コートで食事していた中国人一行がすごい咳をしていたが、マスクをしたら食べられないので我慢していたとのこと。怖いですね。でもあからさまに席を移るわけにも行きませんよね。

防護服のDMAT医療チームが船内に派遣

 

本日も防護服姿のDMAT医療チームが船内に派遣されていきました。ものものしい防護服姿の人が数人で船に乗り込む姿は、事態が尋常でないことを物語っています。

本日も日の丸に「くすりふそく」が掲げられており、情報不足という文字が書き足されていました。

待機1日目の夜に薬品などを注文するシートが配られたのですが、まだ全員に必要な薬が行き渡っていないようです。

医療チームはおそらくその仕訳や配給、問診などのヘルプに派遣されたのだと思います。

NPO法人神奈川海難救助隊の船がダイヤモンドプリンセスを激励

海難救助隊
NPO神奈川海難救助隊の船がダイヤモンドプリンセスを激励!

横浜・大黒ふ頭に戻ってきたダイヤモンドプリンセスを、NPO法人神奈川海難救助隊の船が並走して激励していました。船に書かれた「がんばってください」のメッセージ。こういうのって感激しますね!

会社を休んでいる人はどうなる?

傷病手当
厚生年金保険だと傷病手当から支給される

今回のクルーズのため会社を休んでいる人は、すでに3週間ほどの休みを取っていることになります。

もしコロナウイルスに感染していたら、お金は支給されるのでしょうか?

会社に勤めている人は、厚生年金保険に入っていますから、一定の期間休むと、傷病手当として給料の6割ほどが支給されます。これは手厚いですね。

自営業の人はどこから手当がでるのか?

入院給付金
フリーランスなどは生命保険の入院給付金でカバーできる

では、自営業などフリーランスの人はどうなるのでしょう。フリーランスの人はあくまで自分で入っていればの仮定のもととなりますが、生命保険などの入院保険でカバーされるはずです。

毎月の保険料が高いなあ、と思ってかけていても、こんな時に役に立つのですね。

 

一方、日本入国拒否のウエステルダムは?

ウエステルダム
フィリピン、台湾、沖縄、そして横浜と入国拒否。さまよい続けるウエステルダム

香港から出発し、フィリピン、台湾、そして沖縄と入国拒否にあったクルーズ船ウエステルダムですが、横浜港でも外国人乗客に対して入国拒否にあってしまいました。船内には日本人も5人いるにもかかわらずです。

出発先の香港はすでにクルーズターミナルが閉鎖されています。

ウエステルダムはただいま、寄港先を探しているそうですが、上陸できるのかどうかも問題です。

本日のTwitterの反応

ほんとにそうですね!クルーズなんて一生縁がないと思っていたのですが、そんな筆者でも行けるのですから。それにzumbaがあるというのが素晴らしい!

薬だけではなく、生活物資も枯渇してきているのですよね。政府には、こちらの方も救援していただきたい!

なお、プリンセス側は今日から洗濯サービスを開始するそう。洗濯洗剤が配られるそうです。

ちょっと状況は違うけれど、トム・ハンクスが空港に閉じ込められた映画を思い出しました。「ターミナル」でしたか。とにかく、ウエステルダムの情報が入ってきなさすぎる。

同じホーランド・アメリカ・ラインのフォーレンダムを見たことがありますが、ネイビーの船体でかっこいいんですよね。

船は複数の政府と連絡を取って入港先を探しているということですが、どこもNGだったらどうなるのでしょうか。コロナウイルス感染者だけでなく、こちらもすでに長い航海をしているので乗客の皆さん、スタッフの皆さんの体力も限界になっているのでは?心配です。

まとめ

房総半島沖からまた大黒ふ頭に戻ってきた、ダイヤモンド・プリンセス。残念ながら新たに6人の感染が確認され、これで70人もの感染者が出てしまいました。

香港で下船した男性がコロナウイルスに感染しており、この男性が感染源と見られていましたが、香港から乗船した人たちも激しく咳をしていた目撃情報や、沖縄につく頃には体調不良を訴える人が多かったことから、感染源は香港の男性以外にもいるのではないかと考えられています。

どの人が感染源かということよりも今は新たな感染者が出ないのを祈るばかりです。

ダイヤモンドプリンセスの乗客の皆さん、スタッフの皆さん、そして関係者の皆さん、頑張ってください!

なお、ダイヤモンドプリンセスについては下記の記事をどうぞ!

「Youは何しに日本へ?」でも紹介!「ダイヤモンド・プリンセス」ってどんな船?