【2020年2月8日更新】本日のダイヤモンド・プリンセス:新たに感染者3人。プリンセスクルーズの社長来日

昨日まで横浜港大黒ふ頭に停泊していたダイヤモンド・プリンセスですが、本日は船内で飲むための真水の精製のため沖に出てクルーズしています。

現在のダイヤモンド・プリンセスはどこにいる?

現在、東京湾内から沖へ出て航行中のダイヤモンド・プリンセス。

なんでいったん大黒ふ頭に着岸したのにまた沖へ出ていったのかと言うと、真水の精製だけではなく、船体のバランスを保つために船底に入れるバラスト水の管理、そして汚水の処理などのためもあるそうです。

皮肉にもダイヤモンド・プリンセスのおかげで、船のいろいろな知識を知ることができますね。

昨日に引き続き、条件付き散歩許可が続いている

さて、昨日から内側客室の人たちを優先的に、2時間程度マスクをして他の人と1m以上離れるという条件付きで、デッキに出ることが許可されました。

現在はもう、内側だけではなく窓側、バルコニーの人も外に出られている頃でしょうか?

4日ぶりにでる外の空気はきっと気持ちよかったに違いありません。

プリンセス・クルーズ社長来日!

また、プリンセスクルーズの社長が来日し、日本政府の支援に対する感謝の意を述べるそうです。さすが行動が早いですね。こうした状況をすばやく察知した行動は日本も見習ってほしいです。

新たに3人のコロナ感染が判明

本日午前中に速報で発表があり、ダイヤモンドプリンセスから新たに3人のコロナ感染が発覚してしまいました。

潜伏期間がだんだん短くなっているので、発症する率も高くなってきているのでしょう。重症化しないのを祈るばかりです。

また防衛省の医療チームも船内に派遣されたそうです。これによって薬の仕分けや配布、問診などがスピードアップしそうです。

乗客は配られた体温計で体温を測り、37.5度以上あると速やかに報告するよう義務付けられているようです。

食事もバラエティーに富んできた

ルームサービス形式で配給になる食事も、あいかわらず時間が遅くなっているようですが、メニューは選択式になり、パッタイなどのエスニック料理も提供されているようです。

ダイヤモンド・プリンセスはそれでなくちゃ!と思いますね。通常ならばビュッフェレストランの「ホライズン・コート」では、世界各国の料理が提供されていて、アメリカやイギリスの料理はもちろん、そばや拉麺、たこ焼きまであったのには驚きました。

それにデザートの種類も豊富で低糖質やグルテンフリーなどもあるのですよ!激ウマスイーツ、ノーマン・ラブの「おばあちゃんのチョコレートケーキ」の代わりにグルテンフリーを食べていたら、私の体重の増え方もゆるやかだったかも知れません。

エスニックというのは私はあまり体験していないですが、あるんですね!

世界的パティシエ、ノーマン・ラブの「おばあちゃんのチョコレートケーキ」に関しては下記の記事もどうぞ!

旅の総括【二度目のダイヤモンド・プリンセス】沖縄・石垣・リゾートクルーズ

 

こんな状況でもクルーを笑わせようと努力されているお姿、頭が下がります!毎日ネタを更新するのが大変そうですが、どんな一発芸を披露したか、また教えていただきたいものです。

まとめ

あらたに3人のコロナ感染が確認されてしまったダイヤモンド・プリンセス。感染した方々が重症化にならないことを祈るばかりです。

また本日は、プリンセス・クルーズのCEO来日の話題や、防衛省の医療スタッフが乗船して薬の仕分けや配布、問診などを手伝ってくれるというニュースも入ってきました。

沖へ出て真水の精製やバラスト水の補給などを行っているダイヤモンド・プリンセスですが、明日にはまた大黒ふ頭へ戻ってきます。明日はひとつでもいいニュースが聞けることを祈っています。

がんばれダイヤモンド・プリンセス!!