【2020年2月7日更新】今日のダイヤモンド・プリンセス:散歩も可能・食事もチョイス可になるも感染者新たに41人増に

昨日は乗客、乗員から20人のコロナウイルス感染者が見つかったと報じられていたのが、今日になって新たに41人の感染者が見つかってしまいました。依然、横浜・大黒ふ頭沖に停泊中のダイヤモンドプリンセス。いったいどうなってしまうのでしょうか?

今日もテレビ報道のニュースを中心にご紹介します。

小さなお友達も激励しています!!乗船中の皆さん、そして関係者の皆さん、頑張ってください。

ダイヤモンドプリンセス・大黒ふ頭に着岸状態にて【待機3日目】

ダイヤモンドプリンセス横浜港に着岸
横浜港に着岸中のダイヤモンドプリンセス

 

部屋での待機も3日目となり、食事はルームサービス形式の配給式、それぞれの部屋で充実してきたテレビのコンテンツでニュースや映画を楽しむしかないそうですが、この生活があと10日以上は続くのかと思うと、精神的に参ってくる人も出そうです。

しかし6日夜になって、それにも少しずつ変化が出てきました。

昨日までの経緯は下記の記事をご覧ください。

【2020年2月6日更新】今日のダイヤモンド・プリンセス・部屋で待機2日目

一部の客室の方は、デッキを歩き回れるようになった

ダイヤモンドプリンセスのデッキを散歩
デッキを散歩できるようになりました。ただし他人とは1m間隔あける

デッキ5や8(ここでいうデッキとはフロア名のことです、外のデッキという意味ではありません)の内側客室の方は、時間を区切ってデッキ(ここでは甲板のこと)を散歩できることになりました。

しかしそれには条件があって、内側客室を優先に、1時間程度1人ずつ他の人との距離を1m開けて、マスクをつけて歩くことというルールが設定されています。

部屋を出て動き回れるということで、かなりストレスは緩和されそうです!よかった。。。

乗客の中にはマスクがない人もいたのですが、それも昨日は全員に配布されたそうです。

昨日大黒ふ頭に着岸した時に配給があったのでしょう。

ダイヤモンド・プリンセスのテレビのコンテンツが増えた!

ダイヤモンド・プリンセスのすべての客室には薄型の42インチほどのテレビが備え付けられていますが、日本語放送はNHKプレミアムとBS1、それに当初より追加された中国、オーストラリアなどの各国放送、それにオンデマンドの映画80本以上を視聴することができます。

それに加えて「太極拳」のビデオも追加され、部屋で体を動かすことも推奨されています。

明日からはエアロビクスのビデオも追加になるそうです。ただしこれはスタッフが出演しているのではなく、既存のもののようですね。

昨日モーニングショーに出ていた東海大学海洋学部の教授も提案していましたが、身体を動かすプログラムが追加されたのは喜ばしいことですね!私ならぜひZUMBAも追加してほしいところです。

ダイヤモンドプリンセス・食事のメニューが選べるようになった!

 

それに加えて昨日までは出される食事を一方的に食べなければいけなかったのが、温かいメニューも増えてメニューの選択もできるようになったそうです。

その方法は、事前にメニュー表が配られ、好みのメニューにチェックをつけて事前に渡す形式だそう。これはかなりストレスの緩和になりそうですね。食べ物が選択できるというのは重要です!

武漢からチャーター便で帰国した人との整合性の問題

 

ダイヤモンドプリンセスでは全員が船内に閉じ込められたような状態だと言うのに、武漢からチャーター便で帰ってきて千葉のホテルに泊まっていた人の中には「どうしても帰らなくてはならない理由」があって、ホテルから出て帰宅した人もいるそうです。

これはどういうことなのか?ダイヤモンドプリンセスとの整合性がつかない!とモーニングショーでも話題になっていました。特に的を突いたコメントが光る玉川氏、声を荒げていました。

ダイヤモンドプリンセスなどの外国船の場合、着岸していて日本の法律が適用になっていても、最終的な判断は船長にあります。船長がOKを出していないので、症状がない乗客は帰宅できないのでしょうか?

今後の対応が注目されるところではあります。

なんで全員検査しないのか問題

飛行機クルーズ船検査の流れ
チャーター便で帰ってきた人と、クルーズ船乗客の検査の違い

 

昨日、現在乗船中の人がインタビューに答えて「できるなら全員検査をして、症状のない人は開放してほしい」と訴えておられましたが、実はダイヤモンドプリンセスは全員の検査をしていないんですよね。

全員検査は考えてない
まだ湖北省のとか言ってるのか!と玉川氏のお怒りがピークに!

検査をしているというのは、なんらかの症状が出ている人だけなんです。それでこんなに時間がかかってしまっているんです。

話が前後しますが、武漢からチャーター便で帰ってきた人は「全員検査」しているんです。でもダイヤモンドプリンセスでは症状のある人しか検査していない。ここでも整合性が取れなくなってしまっています。またここで玉川氏のお怒りがピークに!!

実はそれにはこんな問題があるんです。

PCR検査は結果が出るまで6時間ほど時間がかかり、なおかつ指定された病院でしかできない。全員検査したいのは山々なんでしょうが、それをやっていたら何日かかるかわからない。

全国で8000人分くらいはできる体制になっているらしいけど、なんとか手分けしてできないのでしょうか?

オーダーした薬が届けられていない問題

https://www.instagram.com/p/B0_9y8OAz3B/?utm_source=ig_web_copy_link

5日に普段服用している薬などで、必要な薬があればシートに記入すれば、大黒ふ頭着岸時の物資と一緒に届けてくれるという話でしたが、どうも全部に行き渡っていないようです。

船内にご両親がいて、血圧降下剤などがすでに切れかかっている方にお話を聞いていましたが、ダイヤモンドプリンセスのフロントから医務室につないでもらおうと電話をしてもつないでもらうことはできず、対策方法がないようです。

血圧の薬というのは1回飲まないだけでも血圧がグンと上昇してしまうのは確か。

1960年代くらいには、正常血圧はもっと高かったらしいですが、年代とともに引き下げられてきています。

年齢プラス90の血圧が最高血圧で、それがずっと続くのでなければ大丈夫!と言われていますが・・・。血圧の薬って飲んでいる人が多いから、製薬会社ってすごく儲かるらしいですよ。。

続々と他の客船も「入国拒否」に

ウエステルダム
行き場のない、ウエステルダムが心配!

客船内で感染が広まる問題に直面しているのはダイヤモンド・プリンセスだけではありません。

香港を拠点にしているゲンティンドリーム社の16万トンの大型客船「ワールド・ドリーム」も、体調不良者が出たため、6日には香港に引き返す事態になっていました。

また、日本に寄港予定のネイビーブルーの船体のオランダ船「ウエステルダム」もフィリピン、台湾と入国拒否に遭い、石垣島を通過中とのことでした。

日本に寄港予定でしたが、6日、入管法に基づいて入国拒否決定となりました。その後は出発元の香港に戻る予定でしたが、香港のカイタッククルーズターミナルも閉鎖を決定したということで、ウエステルダムの行方が案じられます。こっちも#がんばれウエステルダム です。

今日のTwitterの反応

そうなんですよね。船内には車椅子の人もたくさんいます。寄港先でも荷物を持って歩かなくていいからとっても楽なんです。だから船を選ぶ人多いんですよね。船内にいるお年寄りを思うと心が痛みます。

必要な薬が届いていない件はご紹介しましたが、日の丸に書かれた「クスリフソク」は衝撃的でした。

日の丸に書いてあるのが、なんだか政府の対応を象徴している気がします!

ダイヤモンドプリンセスのライバルであるはずの、ロイヤルカリビアンからも激励が!涙が出ますね!ありがとうございます!!ハッシュタグつけて#がんばれダイヤモンドプリンセス、了解しました!!

クルーズを愛するもの同士、ひとつになれます!

まとめ

本日残念なことに、ダイヤモンドプリンセスから新たに41人の方のコロナウイルス感染が確認されてしまいました。この新型コロナウイルスというのは、新型インフルエンザよりは強烈で、熱も長く続きますが、SARSやMARSに比べると感染力も弱く、現に観光バスで感染した運転手さんやバスガイドさんは快方に向かったりすでに退院されています。

専門家会合
来週には専門家会合が開かれ、世界流行阻止に向けて話し合われる!

来週には世界感染症会議が開かれ、また新たな治療法が話し合われる予定です。すでに感染もピークを過ぎているのは間違いありません。

希望の光が見えてきたようです。