【はじめてのクルーズのギモン・着るもの編】フォーマルウエアってどんなの?

個人的に、普段あまり縁がないモノ。それは「フォーマル」です。よほど冠婚葬祭やパーティーが多い人でないかぎり、皆さんもそうだと思います。

でも船では8泊9日だと3回くらい、ディナータイムに「フォーマルの日」があります。

そんな時に悩むのが、「フォーマルって、何を着ればいいの?」ってこと。ここでは、ダイヤモンド・プリンセスクラスの「フォーマル」について考えてみたいと思います。

【はじめてのクルーズのギモン・着るもの編①】みんな、どの程度のフォーマルを着ている?

グルーズ,ギモン
ダイアモンド・プリンセス入り口付近のアトリウムです。豪華!

 

はっきり言って、ダイヤモンド・プリンセスは日本発着であろうとも乗船客の「外国人率が高い」です。もちろん、あまり外国人が乗っていない時もあるそうですが、私が乗船したときは、6割以上が外国人、それも欧米系が多かったそうです。

丁度、2017年ころからは、「フライ&クルーズ」に力を入れていたからでしょうか?あまりの外国人率にちょっとびっくりしました。

普段はほんとうにカジュアルな格好をされている外国人の人たちですが、フォーマルナイトでは、ガラッとフォーマルになるからすごいです。

日本人で、「乗り慣れている系」の方々もすごく力が入っていて、IKKOさんか叶姉妹と見間違うほどのゴージャス衣装の方もいらっしゃいますが、外国人のそれはさりげないんです。

「ああ、フォーマルって素敵だな」と見ていて思えるほど、「フォーマル慣れ」してるんですね。さすがはハイティーンの頃からパーティーなどで慣らされている方々は違うな、と思わざるを得ません。

でも決して突飛な格好をされているというわけではなく、よく日本のクルーズ雑誌などで紹介されている「肩出し」の方もあまりいません。ちょっとおしゃれなブラウスにスカート、パンプスという方が多いですが、すごく自分をわかっていて、似合ってるんです。

「フォーマルって気張っておしゃれすることじゃないんだな」って勉強させていただいた次第です。

そうとは言っても、いざ自分が着るとなると何をきたらいいかわからないのが現実。あまりネットの情報やクルーズ雑誌などに惑わされず、自分の着心地のいいものでいいと思いますが、「非日常」は大切にしたいですね!

【はじめてのクルーズのギモン・着るもの編②】プールに入りたいけど恥ずかしい・・・。

クルーズ,ギモン
なぜかエリートラウンジに招待されましたので、行ってみましたw

 

ダイヤモンド・プリンセスなどの豪華客船には、必ずプールやジャグジーがあります。それには水着を着なくてはなりません。

「水着なんて長いこと着ていないし、第一体型が心配だから恥ずかしい・・・」

クルーズ世代の方はそう思う方も多いかも知れません。

でも大丈夫!(きっぱり)外国の方も大勢、プールやジャグジーに入られていますが、水着でプールサイドで寝そべって本を読んだりされている男性、女性の方が本当に多いです。もちろん、体型なんて日本人の1.3~1.5倍サイズですw

それでも堂々とされているので、ちっともかっこ悪くないんです。むしろ細いのに恥ずかしそうにしている日本人が目立っていました。

かくいう私も、何十年振りに水着を着たクチなのですが、8泊9日のダイアモンド・プリンセスを下船する頃には、羞恥心はどこかへ行っていました。むしろ、こんな機会だからこそ、水着を着て「非日常」を楽しむべきだと思いました。

今ではジムでも週1回、水着姿を披露していますw

なお、ダイアモンド・プリンセスの場合、大きなプールはやっぱり恥ずかしいというのであれば、フィットネスジムの前にも小さめのプールがありますので、そこでデビューしてみてはいかがでしょうか!

【はじめてのクルーズのギモン・着るもの編】まとめ

ここでは、質問の多かったクルーズ船での「フォーマルナイトって何を着ればいいの?」と「水着を着たいけど恥ずかしい」についてご紹介しました。

クルーズ船は日常の煩わしさを忘れて「非日常」を楽しむ場所です。ちょっと恥ずかしくてもえいやっと着てしまえば、8泊9日間のうちに慣れますw

それは、人間は慣れの動物だからです!変化が好きで、楽しむことが好きな方こそ、慣れるのも早いかも知れません。

フォーマルナイトでは、IKKOさんばりの派手な方もおられますが、それはそれで自分がいいと思ったから着ているのですし、要するに自分が非日常を感じられて、着心地がいいのであればOKだと思います。あまり周りを気にせず、自分が楽しめることが重要ですね。

zuenmei
  • zuenmei
  • 主にクルーズ系、旅行系ライター。最近はグルメ、美容健康、IT分野にも進出。
    world-cruise.jp, macaroni, Minto tech, Beaucyなどで執筆中!

    仕事を通じてクルーズにめざめ、外国船が着く時期には近くの港に出会いに行く「船見ちゃん」です。特にアジア方面のクルーズに興味があります!