2020東京オリンピック・「ホテルシップ」って何?

2020年の東京オリンピックは、約1年後にやってきます!

まだまだ先だと思ったら、早いですねw

クルーズと東京オリンピックも無関係ではなく、なんと「ホテルシップ」として、外国船を誘致し、それぞれ東京・お台場に建設中のクルーズターミナル、横浜・山下埠頭、そして川崎港に停泊して、オリンピック期間中、選手のホテルとして利用するそうです。

東京・お台場「東京クルーズターミナル」

ところで皆さんは、横浜ではなくて、東京のクルーズターミナルというと、どこを思い出すでしょうか?

近年では「コスタ・ネオロマンチカ」などの比較的大きな船も発着する晴海でしょうか?しかし、レインボーブリッジがあるので、あまり大きな船は通れないという問題がありました。

ですから現在のところ、大きな船はタンカーが泊まって荷揚げなどをする大井ふ頭に泊まっている状態です。これでは、外国から船で日本に来たお客さんも情緒がありませんよね~!

実は東京・お台場の船の科学館横に「東京クルーズターミナル」現在、建設中なのです。

すでに「ゆりかもめ」の駅名も建設中のクルーズターミナルの最寄りは、「船の科学館」から「東京クルーズターミナル」に変更済みです。

船の科学館横、貨物船などが発着するターミナルとの間に、数年前からなにやら桟橋のようなものが作られてきたかと思ったら、この頃では鉄骨が建ち始めました。どうやらターミナルビルが建設されるもようです。

2020年東京オリンピックの3隻の「ホテルシップ」とは?

では、ホテルシップにはどんな船が選ばれたのでしょうか?ご紹介致します。

東京は「コスタ・ベネチア」

出典:東京都

当初、MSCリリカという中型船を招致しようとされていましたが、MSCはこれを辞退、そのため日本にもなじみがあるコスタクルーズの新造船「「コスタ・ベネチア」に白羽の矢が刺さりました!

なんと、2019年にできたばかり!ピカピカの新造船です。

総トン数135,000トン、乗客定員は5,269名ですよ!4月にはJTBがチャータークルーズを行い、大井ふ頭に着岸して話題にもなりました。

イタリア船らしく、ピザが美味しかったり、陽気なダンスを皆で踊ったり、「コスタ・ネオロマンチカ」などにも入っているエステ「サムサラ・スパ」ではイタリア船なのに、アーユルヴェーダなど、アジアンエステの施術が嬉しかったりと、なにかと気になる船です。

横浜・山下埠頭は「サン・プリンセス」

出典:プリンセス・クルーズ

オリンピックのホテルシップが停泊するのは、東京だけではありません。横浜、山下埠頭にも「サン・プリンセス」が停泊し、選手のホテルシップとなります。

プリンセス・クルーズの船というと、日本では「ダイヤモンド・プリンセス」が有名で、しょっちゅう日本にきますが、この「サン・プリンセス」はほとんど日本には来ません。

私も昨年、香港ー台湾クルーズでこの船に乗りましたが、調度台風が来ており、2泊の予定が3泊になるわ、出港は1日伸びるわでラッキーだったのかアンラッキーだったのかわからないという経験をしましたw

「サン・プリンセス」は、総トン数77,441トン、乗客定員2,000人と110,000トン超えのダイヤモンド・プリンセスに比べると若干こじんまりした印象です。

大きくない分、それほど歩かなくても船内を回れるというメリットもありますw

日本発着ではなかったせいか、湯沸かしポットや歯ブラシ、浴衣ももちろんなく、最初に乗ったダイヤモンド・プリンセスのほうにサービス面では断然軍配が上がってしまったのですが、プロダクション・ショーや飲食は変わらず素晴らしいです。

なお、香港ー台湾の「サン・プリンセス」乗船記も参考にしてみてくださいね!

【海外発クルーズ体験記】出発前から波乱万丈!香港~台湾片道「サン・プリンセス」

川崎は「エクスプローラー・ドリーム」

出典:ドリーム・クルーズ

「エクスプローラー・ドリーム」?どんな船?という人がほとんどでしょう。

ドリーム・クルーズという船会社が所有している船なのですが、香港ベースで派手な船体の同社の「ワールド・ドリーム」は香港の元空港のカイタッククルーズターミナルに停泊しているのはよく見ることがあります。

「エクスプローラー・ドリーム」は知らないな、と思ったら、74,338トンで、一昨年日本にもよく来ていた「スーパースター・ヴァーゴ」を改装して作った船なのだそう。派手な船体は健在ですね!

「スーパースター・ヴァーゴ」といえば、吉本芸人も日替わりで乗り込む船で有名でしたよねw(今、吉本大変だけど・・・)

「スーパースター・ヴァーゴ」はそういや、あれ以来日本に来ていないな、と思ったら、こんなことになっていたのですね。。

こちらも香港ベースなので、中華レストランや火鍋レストランもあり、フレンドリーな気取らない雰囲気がたまりません。

欧米系の船と違うところは、なんといってもフレンドリーなことですね。

まとめ

ここでは2020年の東京オリンピックで「ホテルシップ」として使われる3隻の船をご紹介しました。あなたなら、どれに乗ってみたいですか?

サン・プリンセス、エクスプローラー・ドリーム、そしてコスタ・ベネチアとどれも日本にはまったく初めて来る船ではないのが納得ですね。

この船に泊まって、オリンピック観戦をするツアーもJTBから売り出されていたようですが、もうすでに完売のようです汗

来年はこれらの船を見に行くだけでも今から楽しみですね!

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村参加中です!クリックしてね!

zuenmei
  • zuenmei
  • 主にクルーズ系、旅行系ライター。最近はグルメ、美容健康、IT分野にも進出。
    world-cruise.jp, macaroni, Minto tech, Beaucyなどで執筆中!

    仕事を通じてクルーズにめざめ、外国船が着く時期には近くの港に出会いに行く「船見ちゃん」です。特にアジア方面のクルーズに興味があります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA