2018.10.15 ネイビーブルーのオランダ船「ウエスタテルデム」初入港!

ネイビーブルーのシブい船が2018年10月15日(月)に横浜港に入港しました。

オランダ船の「ウエステルダム」がそれで、今回が初入港となります。

「ウエステルダム」は「西」を意味し、同社の羅針盤を洗わず姉妹船ビスタシリーズの一隻だそうですよ!

 

着岸間近のウエステルダム

View this post on Instagram

ウエステルダム、着岸シーン!#westerdam #ウエステルダム #hollandamericaline #横浜港 #大さん橋

A post shared by Mami (@zuenmei) on

 

横浜港大さん橋に着岸予定の7時より45分前の6時15分に到着した筆者。

欲を言えば、ベイブリッジの向こうからだんだんと近づいてくるウエステルダムを見たかったのですが、すでに着岸まであと数メートルのところまで迫っていました。

動画で船体を撮影していると、こちらに向かって手を振ってくれているご夫婦が!無断で撮影しちゃってなんだかすみません。でも上品で素敵なご夫婦でしたよ!

View this post on Instagram

#hollandamerica #westerdam #横浜港

A post shared by Mami (@zuenmei) on

ウエステルダムの概要

View this post on Instagram

煙突カコイー!#holladamericanline #westerdam #客船 #船ヲタ #portofyokohama

A post shared by Mami (@zuenmei) on

 

WESTERDAMのスペック
総重量 82,348トン
船籍 オランダ
就航年 2004年4月
乗客定員 1,916名

 

ウエステルダムが所属する「ホーランド・アメリカ・ライン」は、オランダの海運史とも大きな関わりがあり、145年の歴史があります。

「洋上の美術館」とも言われる美しいインテリアや調度品をはじめ、最上級のサービスにも定評があり、ヨーロッパの旅行雑誌では何度も受賞しています。

姉妹船では「コーニングスダム」「ユーロダム」など、オランダ王室が名付け親になった船も!

今回横浜に寄港したこの客船は、「日本&韓国14日間」のクルーズの途中の寄港でした。その次の日には、同じHolland America Lineの「アムステルダム」が「グランドアジア&太平洋34日間」の途中寄港で横浜港大さん橋に寄港しました。

1年に1度、Holland America Lineの船に横浜で出会える貴重な時期ですね!

ウエステルダムの良心的な料金

総トン数が80,000トン超えとわりに大きいのに比べ、乗客数が1,916名と少ないのにお気づきでしょうか?

客室数が少ないということは、それだけお値段も高いのかな?と思いきや、日本近海(横浜発着~沖縄~九州15日間)で内側客室なら22万円程度とお値段抑えめなのが嬉しいです。(もっとも10万円代で乗れる外国船は他にもたくさんありますが 汗)

もちろん、港湾税、サービス料も別途かかるため、25万といったところでしょうか?

1日に換算してみると16,000円程度なので、わりに良心的ですね!

大きな船だとどうしても、客数が多く、どこへ行っても混雑しているのが嫌!という方には是非、おすすめの客船です。

 

ウエステルダムの客室

https://www.instagram.com/p/Bo7rwfwhD91/?utm_source=ig_web_copy_link

ウエステルダムは、内側客室でも15㎡~18㎡と若干広め。日本人にも大人気の、ダイヤモンド・プリンセスと同等の広さと思われます。アメニティーのコンディショナーは客船ではよく使われているイギリスのElemisを使っているようですね。

このElemisは、船内のスパでも販売されていて「免税価格」で買うことができますので、是非おすすめ。特にマッサージオイルがおすすめですよ!

また、ベッドのマットレスは、ロングクルーズを意識して、ユーロ・トップマットレス、肌さわりのいいリネン、大判のエジプト綿タオルなど、ゲストが心地よく過ごせるように気を配っています。

ウエステルダムのエンターテイメント

乗船したら、まず気になるのがウエステルダムのエンターテイメントです。

日本発着もありますので、「日本人コーディネーター」も乗船しており、日本語の船内新聞もありますので、その日のエンターテイメントをしっかりチェックしましょう!

まず、ウエステルダムは音楽エンタメに力を入れているということはチェックしておきましょう。

「Music Walk」と銘打ったミュージック・エンターテイメントは3種類あり、管弦楽やピアノ生演奏が聞ける「リンカーン・センターステージ」、ファンクやブルースが聴ける「BBキング・ブルースクラブ」、人気ナンバーが聴ける「ビルボード・オンボード」など、本格的なステージが船内で楽しめるのも魅力です。

ウエステルダムのグルメ

客船での楽しみのひとつに「グルメ」があります。

外国船はどの船も負けず劣らずの美味しさですが、全体的に肉とデザートは絶品!と言える船が多いようです。

ウエステルダムももちろん、美味しいと評判で、それもそのはず、ワールドクラスの料理人がプロデュース。

コースからカジュアルまで、また、気分や体調によって、ダイニングスタイルを選べるのが魅力です。一部有料のレストランもありますが、無料レストランでも十分に満足できます!

エレガントなヨーロッパスタイルのウエステルダム

約140年の歴史がある客船会社、ホーランド・アメリカ・ラインに所属する「ウエステルダム」という客船をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ウエステルダムは、クルーズも数回体験して、もうちょっと落ち着いた雰囲気の船に乗りたいな、という方にぴったりです。

どちらかというと、体験型というよりも芸術や音楽を堪能したい人向けと言えるかも知れません。

是非、乗ってみて下さいね!

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村参加中です!クリックしてね!

zuenmei
  • zuenmei
  • 主にクルーズ系、旅行系ライター。最近はグルメ、美容健康、IT分野にも進出。
    world-cruise.jp, macaroni, Minto tech, Beaucyなどで執筆中!

    仕事を通じてクルーズにめざめ、外国船が着く時期には近くの港に出会いに行く「船見ちゃん」です。特にアジア方面のクルーズに興味があります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA