フリースタイル・クルージングが魅力?!「ノルウエージャン・エピック」の魅力とは?!

形式ばらない「フリースタイル・クルージング」が魅力の「ノルウェージャン・エピック」という客船をご存知ですか?

日本でもクルーズがだんだん本格的になってきて、豪華客船で旅をしたことがある人も増えてきました。日本に入港する外国船も増えていることから、いろいろな船に乗って見る人も多いでしょう。

最初のうちは、昔ながらのクルージング・スタイルである格式の高いクルージングをしていても、だんだん「これって、堅苦しいなあ」とか、「もっと自由なほうがいいな」って思ったことはないですか?

その点、アメリカの客船「ノルウェージャン・エピック」は「フリースタイル・クルージング」がセールスポイント!自由なクルーズが体験できる船として、評判を呼んでいるのです。

[ad1]

「ノルウェージャン・エピック」って?

「ノルウェージャン・エピック」は、アメリカのノルウェージャン・クルーズラインが運航する船で、時間、場所に縛られないディナー、ドレスコードなどがないなどのフリースタイルなクルーズが人気の客船です。

船首に派手なイラストの船

船首には派手なイラストが描いてあり、一度見たら忘れられないきれいな船です。ノルウェージャン・クルーズラインは、現在のところ、ノルウェージャン・サン、ノルウェージャン・スピリット、ノルウェージャン・ドーン、ノルウェージャン・ジュエル、ノルウェージャン・ブレイクアウエイ、そしてノルウェージャン・エピック、プライド・オブ・アメリカの13隻を所有しています。

本社はアメリカ・マイアミ

ノルウェージャン・クルーズラインの本社はアメリカのクルーズの本場、マイアミ。1966年、クルーズ会社として創立しました。

近頃は、外国船の新造船ラッシュですが、ノルウェージャン・クルーズラインも、2015年のノルウェージャン・エスケープをはじめ、2017年から2019年までに16万トン級の船が毎年1隻、新たに造船される予定です。

[ad1]

「ノルウェージャン・エピック」の概要は?

「ノルウェージャン・エピック」は2010年5月就航、総トン数153,000トン、乗客定員4,228名を誇ります。

DJ、ディスコなどの楽しいナイトライフやブロードウェイ級のエンターテイメント、ロマンチックな客室、また、ドレスコードなどにとらわれず、好きな時に好きなレストランで食べたい!という人にはうってつけウリの客船です。また、シングル料金が設定されているので、一人旅の人でも、割増料金なしで、スタジオタイプのシングルルームに泊まれるのが嬉しいですね。

「ノルウェージャン・エピック」の船内設備は?

では、「ノルウェージャン・エピック」にはどんな船内設備があるのでしょうか?基本的にレストランが複数あって、ブロードウェイ級のミュージカルが見えて、贅沢なレストランに行かなければ、料金はクルーズ代金込みというのは、他の客船とはそれほど変わりません。しかし、特徴的なところだけを挙げると・・・。

フリースタイル・ダイニング

「ノルウェージャン・エピック」では、フリースタイルのダイニングシステムを採っており、好きなレストランで好きな時間に食べることができます。もちろん、ドレスコードもありませんので、堅苦しくないのが魅力です。

スパ・スイートがある

バリ島を本店とするスパ「マンダラ・スパ」が入っている、「ノルウェージャン・エピック」には、このスパにドアを複数くぐらずともアクセスできる、「スパ・スイート」という客室があります。スパでは、ハーブ・ボウルをはじめ、インドネシア伝統のエステ「ジャワニーズ・ルルール」などの施術ができます。

アイス・バーがある

世界でも北欧やアラスカに行かないと体験できないと思っていたアイスバー。グラスはもちろん、バーカウンターや床や壁までが、氷で出来ているバーが、洋上にお目見えしました。世界で14番目のアイスバーだそうです。もちろん、アイスバーに入るための特別な着衣などはレンタルしてくれます。

サーカスを見ながらご飯が食べられる

なんとディナーショーの演目がサーカス!「ノルウェージャン・エピック」には
サーカスを見ながらディナーが食べられる施設があります。

「ブルーマン・ショー」が見れる!

なんとノルウェージャン・エピックでは、世界でも人気の「ブルーマン」のショーが見れるのです。しかも終わってからブルーマンとのミニ交流会もあります。ブルーマンと触れ合えるのが楽しいですね。

野外ステージがある

 「ノルウェージャン・エピック」にはなんと野外ステージがあるのです。夜にはここはDJがいるディスコに早変わりすることもあります。

ボーリング場がある

「ノルウェージャン・エピック」には、なんと2レーンのボーリング場があります。

曲線を生かした設計

「ノルウェージャン・エピック」では、船内のみならず、客室の設計も曲線を生かしたデザインになっています。これはいままで、ありそうでなかったことで、客船でははじめて採用されたことだそうです。

客室のカテゴリが豊富!

「ザ・ヘブン」という名前の、クラブフロアに相当するカテゴリの部屋から、スパの無料サービス付き、スパ・スイートとスパ・バルコニー、廊下向きの窓(マジックガラス・シェード付き)、シンプルな内側客室インサイドと、実に豊富なカテゴリの客室。追加料金なしで、シングル参加できるということも忘れてはいけません!世界的にみても、独り船旅が増えているそうです。

まとめ

フリースタイル・クルージングが魅力の「ノルウェージャン・エピック」をご紹介しました。「ノルウェージャン・エピック」は、曲線を帯びた客室や、シングル客室、アイスバーなど、各国のクルーズ誌でも数々の賞に輝く画期的なアイディアが満載の客船です。

従来の伝統的なクルーズの常識を打ち破った、新時代のクルーズ客船と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA