2017年6月就航!新造船「MSCメラビリア」が気になる!

2017年6月よりMSCクルーズの新造船「MSCメラビリア」が就航します。

[ad1]

「命名式」にはイタリアの大女優 ソフィア・ローレンが!

2017年6月3日、イタリアを代表する客船会社、MSCの新造船「MSCメラビリア」(MSC MERAVIGLIA)の命名式が、イタリアの大女優ソフィア・ローレンも出席するなか、フランスのル・アーブルで行われました。
セレモニーにはフランスの俳優&ミュージシャン、パトリック・ブリュエルや、フレンチ・ポップグループ、キッズ・ユナイティッドが式典を盛り上げました。司会はフランスで有名なモロッコ系コメディアン、ガッド・エルマレ。

おりしもル・アーブルの市政施工及び開港500年記念として行われたこの命名式で、つけられた「メラビリア」という名前は、イタリア語で「驚き」を意味します。

MSCメラビリアの概要は?

MSCメラビリアは総重量171,598トン、乗客数5,714人という巨大な船で、225,282トンの「オアシス・オブ・ザ・シーズ」(ロイヤルカリビアン社)には及ばないものの、MSC社では最大の客船となりました。

この「MSCメラビリア」の航行ルートとしては、ジェノア(イタリア)⇒ナポリ(イタリア)⇒メッシーナ(イタリア・シチリア島)⇒バレッタ(マルタ共和国・マルタ島)⇒バルセロナ(スペイン)⇒マルセイユ(フランス)といったところで、航行日数によって寄港地は変わります。

「MSCメラビリア」の主な航路は?

MSCクルーズのHPによると、クルーズツアーの中にはバルセロナ~マルセイユの1泊だけ、バルセロナ~マルセイユ~ジェノアの2泊クルーズなども59USドル!からありますので、気軽に体験することができます。クルーズというと、大金持ちで暇がないと行けないから、自分には関係ないや、と思いがちな日本人には、これがいちばんの「驚き」なのではないでしょうか?(もっとも現地に飛んで、港にたどり着くまでが第一関門ですが。。)

このクルーズでは、スペイン、フランス、イタリア、そしてシチリア島、マルタ島など地中海をぐるっと一度に体験できるのが、船旅ならではの醍醐味なのではないでしょうか?

「MSCメラビリア」の船内設備は?

96メートルのプロムナードと12のレストラン

それでは、「MSCメラビリア」の船内は、どうなっているのでしょうか?まず、MSCの船には必ずある長さ96メートルを超える屋内プロムナードが目を引きます。ここにはブティックやバー、レストランが建ち並び、1日中ドーム状の天井にはLEDの映像が映し出されています。また、夜になると音楽やパーティーで賑やかな空間となり、さまざまなエンターテイメントを楽しむことができます。

船内には12のレストランがあり、あらゆる種類のメニューが食べられます。特にイタリア船のMSCでは、厳選された材料で作るイタリア料理が食べられる「イータリー」には寄ってみたいですね。

また、ステーキハウスでは、世界各地のステーキや肉料理、クラフトビール、ニューワールドワインを取り揃えています。また、有名パティシエのジャン・フィリップ・モーリーのチョコレート専門スペースも気になります。船の形をした巨大なチョコレート・ファウンテンは必見!

食事時間は自由なので、1日20時間営業のビュッフェスタイルならいつでも食べたい時に楽しむことができます。それも高カロリーなものだけでなく、ベジタリアンやグルテンフリー(糖質制限)のメニューもあるのには驚きです。

エンターテイメント施設&スパ施設も充実!

また、従来のシアターではなく、多目的イベントスペースで行われるイベントやパーフォーマンスは、中継配信されており、客室のモニターやプールサイドのスクリーンで見ることができます。すごい画期的な設備ですね。

また、2フロアを誇り、「バリニーズ・マッサージ」も体験できる「アウレア・スパ」は、イタリア船ながら、オリエンタルな施術のマッサージを体験できるとあって、評判が高いです。
また新造船からソルトリラックスエリア、ウォーターベンチ、アイス・フォール、ブロアープールが加わりました。ますます充実のスパは、要チェックですね。

スタイリッシュな客室は?

客室では専用ジャグジーもついており、メゾネットになったデュプレックス・スイート、スタンダードのバルコニーキャビンも、キャビンを連結すれば、最大10名が宿泊でき、ファミリーや友達同士にも嬉しい構造になっています。

また、最高のプライバシーが欲しい方には「ヨットクラブ」タイプの客室がおすすめ。広さはそれほど広くはないのですが、バトラーサービスや、レストラン、バーなどを備えた、いわば「船の中の船」で、最高に贅沢な体験ができます。

若い世代向け設備も充実

また、ゲームやスポーツを楽しめる若い世代向けのスペースや、ティーンエイジャー専用のディスコもあります。もっと若年層のお子様にはキッズクラブが5つもあります。

F1のツインシュミレーター、ボウリング場、ウォーターパークには4つのスライダーがあります。

また、エンターテイメントでは、世界的に有名な「シルク・ド・ソレイユ」を見ることができます。それも「カルーセル・ラウンジ」というラウンジで食事を取りながら見れるのは、このMSCの船だけです。

船尾のプールは、夜は星空を楽しめる幻想的なディスコとなるのでロマンチックにタンゴなどを踊ってみたいですね!

おわりに

近年の新造船ラッシュで、各船の特徴を覚えるのも忙しい(笑)クルーズファンですね。2017年6月に就航した「MSCメラビリア」をご紹介しました。イタリアのデザイン、食、そしてホスピタリティなど、イタリアのいいところをギュッと凝縮したような船ですので、是非、乗船してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA