今年も会える!激安クルーズ「コスタ・ビクトリア」

あなたは「コスタ・ビクトリア」というクルーズ船をご存知ですか?

「JTB旅物語」が、「コスタ ビクトリア」をチャーターし、「2017年夏休み コスタ・ビクトリアの旅」を今年も実施します。普段は日本発着クルーズでも、九州や裏日本(境港、舞鶴など)しか寄港しないコスタビクトリアなので、年に一度のお楽しみといったところでしょうか?

「夏休み コスタ・ビクトリアの旅」の詳細は?

コスタビクトリアの夏休みクルーズは、8月3日(木)発、8月8日(火)発、また、8月13日横浜発で阿波踊りを見物するコースもあります。いずれも5泊6日のコースとなります。

▼2017年8月3日(木)発
 ○日  程:2017年8月3日(木)~8月8日(火) 5泊6日
 ○コ ー ス:東京~大阪~済州島~東京
 ○旅行代金:50,000円/大人1人(2名1室利用)~320,000円/大人1人(2名1室利用)
▼2017年8月8日(火)発
 ○日  程:2017年8月8日(火)~8月13日(日) 5泊6日
 ○コ ー ス:東京~佐世保~済州島~横浜
 ○旅行代金:65,000円/大人1人(2名1室利用)~350,000円/大人1人(2名1室利用)
▼2017年8月13日(日)発
 ○日  程2017年8月13日(日)~8月18日(金) 5泊6日
 ○コース:横浜~徳島(阿波踊り見学)~釜山~神戸~(新幹線)~東京
 ○旅行代金:99,800円/大人1人(2名1室利用)~399,800円(2名1室利用)

 *港湾税・政府関連所税および船内チップ別途。(24,000円目安)

「コスタ・ビクトリア」とは?


では、コスタビクトリアとは一体どんな船なのでしょうか?
コスタビクトリアは1,996年就航、総トン数75,166、乗客定員2,396人、60年の歴史を持つ、イタリア、コスタクルーズの船です。

サービス、料理、雰囲気、すべてにおいてイタリアを感じられる客船で、「クルーズオブザイヤー2016」にも選出されています。

「コスタ・ビクトリア」の船室は?


コスタビクトリアの船室は大きく分けて、インサイドステートルーム(内側)から、スイートまでの4種類があります。詳細にわけると9つのカテゴリに分かれます。

15㎡のインサイドステートルームでもイタリア船らしく、明るい色調でまとめられており、カテゴリが上がるにつれて居心地もよく長期滞在でも快適に過ごせるよう、設計されています。

「コスタ・ビクトリア」船内施設は?

イタリア船らしい、充実のレストラン

コスタ・ビクトリアには、クラブレストラン、ピザレストラン、ファンタジアレストランなど、パスタやピザをはじめ、本格的なイタリア料理を楽しめるレストランがたくさんあります。特にピザやパスタは生地から船内で作る徹底した本格志向。さすがにイタリア船だと感心させられます。

また有料となりますが、24時間のルームサービスもありますので、カジュアルな雰囲気で、好きなところで好きな時間に食事を楽しむことができます。

男女とも、美に関心ある人必見!

実はこのコスタ・ビクトリアには「サムサラスパ」というスパがあるのです。
クルーズ至上最大級のスパと言われていて、なんと2フロア、1900㎡もの広さのスパで、ジェットバス付きタラソテラピー、サーマルバス、マッド(泥)トリートメント、アロマオーシャンラッピングと、船の上にあるスパとは思えないような施設が備わっています。

また、このサムサラスパに楽々アクセスできるキャビン(客室)「サムサラ・キャビン」もあり、専用トレーナーとのコンサルティングから始まって、スパトリートメント2種類、フィットネスか瞑想プログラム、リラクゼーションエリア利用、サムサラバスとタラソテラピープールの利用がセットになった特典も付いています。

さらにサムサラキャビン宿泊者専用のヘルシーメニューが提供されるレストランの利用特典もついています。

船の上の1週間をヘルシーでウエルネス溢れたメニューで過ごすのも、新しい休暇の過ごし方ではないでしょうか?

おわりに

いかがでしたか?イタリア料理をはじめ、イタリアのスピリットが詰まった「コスタ・ビクトリア」。今回はチャータークルーズなので、多少お値段は高め(それでも1日料金は10,000円台)ですが、普段の九州や裏日本をクルーズする場合は6日間で、40,000円ほどでクルーズ旅行が楽しめてしまいます。

激安なのはもっと日本人にクルーズを楽しんでもらいたいという願いが込められているのだと思わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA